芦原空手で強くなれるのか?

芦原英幸正伝 小島一志・小島大志著

冒頭から芦原英幸が大荒れに荒れる展開

所属する極真会館の支部長会議に出席すると

対立するボスの大山倍達から体良く組織を追い出される羽目になり

激怒した芦原先生が大山総裁、支部長たちを相手に怒鳴りまくる

大山総裁が怯えた目をしていたというのは本当だろうか

このエピソードのみならず全体にかなり盛って書いている印象を受ける

たびたび、筆者と過去にトラブルがあったらしい大道塾の東先生を揶揄しているのが目に付く

極真の支部長がヒットマンとして襲ってきた話

弟子の石井和義が離反し自団体を設立した話などは興味深かった

しかし、肝心の現場にいた証言者の話が無い

筆者を信頼しておらず、取材拒否しているらしい

そのため話半分にして受け取ったほうが良いかも知れない

一番面白かったのは、筆者が芦原会館の稽古システムについて

「これでは強くなれないのでは?」と本人に尋ねた所

芦原先生が認めた所だった。

自分も芦原会館で空手を習った事があるが、ほとんど組手は無く

約束組手止まりだった

これで本当に実戦で使える芦原空手のサバキを習得できるのか疑問に思い、止めてしまった。

芦原先生は少林寺拳法を見習って、このようなシステムにしたらしい

電子書籍でも読めるらしいです

タイトルとURLをコピーしました