芦原英幸の達人的な身体操作を研究

芦原英幸 サバキの真髄 天才空手家が遺した〝打たせず打つ〟術理

著者の前作「ケンカ十段と呼ばれた男 芦原英幸」では多くの人・資料を取材し、芦原先生の人生の軌跡を辿っていたが

本作では技術について深く考察している

芦原先生の技を観て、沖縄空手の先生が「内地の人の動きじゃないね」と評し

他の古武道の先生も同様の評価をしたという。

スポーツ的な体の動かし方とは異なる、日本の古武道的な身体操作をしていたのだろうか

合気道の達人・養神館の塩田剛三先生が魅せる神技を一部道場生の前でやってみせたらしい

しかし、芦原先生に言わせれば、これも合理的な体の使い方なのだろう

著者が直接、芦原先生に聞いて教えてもらったという頭突きのテクニックは興味深かった。

芦原先生の著書で、喧嘩のエピソードを語っているのを読むと

頭突きで倒したというパターンが多いように感じていたので

具体的なテクニックを知る事が出来て良かった。

タイトルとURLをコピーしました